バフェット見習い

バフェットのように結果の継続を追求しています。

「お金の木」と「幸せの木」

 

お久しぶりになります( *´艸`)

まず、久々にはてなブログを開いたのですが、訪問者数がむしろ増えていてビックリしました( ;∀;)

質の高い記事を書けたということでしょうか、それとも何か興味を引くようなワードが含まれていたのでしょうか。いずれにせよ、見てくれている読者の方があるからこそと思います、本当にありがとうございます。

少しプライベートでばたばたとしておりました、今回も書いていきたいと思います!

願わくば読者の方にとって質が良いと思っていただける内容になるよう心掛けます!

 

では、今回の記事は以下になります( `ー´)ノ

・「お金の木」について

・「幸せの木」について

では本日も宜しくお願い致します。

 

・「お金の木」について

この題目でカギとなるのは、お金の木の先に幸せはないということです。

 

 まず前回の記事では、誰にでもお金持ちになれるということを証明してみました。

 

k-book-oneday.hatenablog.com

 ※もちろん、過去の実績が将来の結果を保証するとは限りませんが。

 

この記事を書いてから読者の方が増えてきたと感じているのですが(ありがとうございます)、やはり人は億万長者という言葉にはロマンを感じるのでしょうか。

今回の記事では前回の記事よりも抽象度を上げて書いていきたいと思います。

 

今回の題目で伝えたい事は、「お金の木=幸せの木」ではない、ということです。 

繰り返しますが、お金持ちになることは誰でも出来るはずです(前回の記事を見てください)

 

しかし残念なことに、お金持ちになることは「実現不可能な夢である」と思われがちです。そしてこのネガティブな思想は今後広がっていくでしょう。何故なら、高所得であった給与所得者も給与水準は横ばい、あるいは低下していくのですから。

 

例えば、次のグラフは日本人の平均年収のグラフです。

http://nensyu-labo.com/fireworks/heikin_suii26.gif(引用サイトはhttp://nensyu-labo.com/heikin_suii.htmです)

 

言わば、お金の木は成長を止め、縮んできています。

この原因は「投資をしてこなかったツケ」としか言いようがないよう思えます。それがトマ・ピケティが示したr>gから言える結論です。

 

結果として以下のようなスローガンが生まれます。

「貯蓄から投資へ」

http://free-autotrade.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_b2e/free-autotrade/E9BABBE7949FE8B2A1E58B99E79BB8.jpg

 

そして今、読者の皆様は何に投資をすれば良いかを知っています。これを知っているということは、木を育てる水や養分を持っているということであり、それを教養や知恵なんて言ってみようと思います。

 

 

・幸せの木について

 

そして将来その投資が実を結ぶのであれば、今のアナタは「お金の種を持っている」ことになります。ふざけてるような言い回しかもしれませんが、貴方はすでにお金持ちになったも同然なのです。

 

で、あるならば今、あなたは幸せでしょうか?

 

この問いにイエスと答えられる方は次回の記事でまたお会いしましょう。

迷ってしまった方は、以下のロジックを頭に叩き込んでください。

 

 

「X→お金→幸せ」は偽。

 

「X→お金→Y→幸せ」は真。

 

納得できたでしょうか?

納得できた方は次回の記事で。

 

納得できない方に向けて解説をしたいと思います。

「X」とはつまり、お金を得る手段のことです。この「X」に対して自分が満足しているほど、人はお金を稼ぐことが出来ますし、「X」を行うこと自体に幸せを感じます。

「Y」とは、幸せを感じる手段です。多くの人は「ううむ。Xを最大化させるにはどうしたらいいだろうか」と考えることばかりに時間を投資します。しかし、これは上の等式であるように偽ですので、幸せにはなれません。

簡単に言えば、どこにでもある紙切れに本当に価値を感じる人なんていません。

紙幣が価値を持つのは交換できるからです。なので、紙幣の奥に潜んでいる自分の欲を叶えられるかもしれない、という「自分の欲望や期待が通貨の価値を押し上げる」ことに気づくべきです。これに気づかない人は、お金が持つ力に飲み込まれ、お金に欲が支配され、お金しか見ない人間になるのです。

別にYというものはお金が無くても成立しますので、「Y→幸せ」も真です。

もしお金を使わなければ得られないものであるなら、それは誰かにとっての「X」です。「X=Y」である人は、お金に価値を感じませんが、必然的にお金持ちになります。

(X=Y)→幸せ

Xは同時にお金を生み出すもの。

Yは幸せを感じるためのものであり、お金が無くても成立するもの。

 

王道のお金持ちの姿とは、仕事を愛し、勤勉に務め、倹約であることを許容できるものです。

 

 

以上のことから、幸せなお金持ちになるには現状のXをYへと昇華させ、「この仕事は趣味である」とまで捉える力が必要となります。

そしてこれは案外単純なことかもしれません。

 貴方が本当にお金持ちになりたいと思うのであれば、お金を一切忘れ、仕事に集中するだけでいいのです。

 

「仕事の賃金に文句を言う人」はその集中をかき乱そうとする人かもしれませんね。

 そしてその人を反面教師として捉えることが出来たとき、あなたは「幸せなお金持ち」への一歩を踏み出しているのです。

 

しかし、この単純な結論は、主体性を求めます。「お金の木の種」は最初だけ気を付ければ実は結ぶかもしれませんが、「幸せの木の種」は誰も教えてくれず、常に探し求める必要があるためです。

 

 

アディオス。

億万長者に、俺はなる!

ルフィ9

http://one-piece-manga.com/lufy-445から引用)

 

 

今回は億万長者になる方法について考えたいと思います。

 

早速ですが、今回の題目は以下になります。

・億万長者への道筋である根拠

・具体的戦略と行動

では宜しくお願い致します。

※今回の記事はバフェット太郎氏の以下の記事に大きく影響を受けております。大変示唆に富んでいるので、一読をお勧めします。

 

blog.livedoor.jp

 

それでは、どうぞ。

 

・億万長者への道筋である根拠

まずは「 r > g 」というキーワードが億万長者への道筋を理解し実践していく上で、重要となります。

ここで、「そんな言葉知らないよ」という方に向け少し書きたいと思います(知ってる方はサラッと読み流してください)。

 

まず、左辺にある「r」とは「return on capital」の頭文字からとってきています。これを日本語に訳すと資本収益率(収益÷資本)です。そして、右辺にある「g」とは「economic growth rate」からとってきています。これを日本語に訳すと経済成長率([今年の国民所得-去年の国民所得]÷去年の国民所得)です。

なんだか難しく見えますが、計算式でなく言葉で表すと、「資産運用は給料よりも稼げる」ということです。

これを証明したのが仏の経済学者トマ・ピケティ氏の「21世紀の資本」です。

以下はwikipediaからの引用です。

過去200年以上のデータを分析すると、資本収益率(r)は平均で年に5%程度であるが、経済成長率(g)は1%から2%の範囲で収まっていることが明らかになった(以上、引用終わり)

ハッ、年3%の差かよ!と思った方に向けて以下のグラフを捧げたいと思います。

 

f:id:kishi-yuu7:20170910233655j:plain

この差が莫大なものになるということは一目瞭然です。

「何故r>gなのか?」という問いに対しては本書をお読み下さいと答えるしかありません。

一応Amazonを貼っておきます(中々割高かつ難解なので私は読みません)。

 

 

21世紀の資本

21世紀の資本

 

 

では「r側に立つ」ということは特別なことで、難しいことなのでしょうか?

 

結論だけ書くと「特別なことは何もない」です。

 

 

・具体的戦略と行動

では具体的にどうすればr側になれるのでしょうか?

そもそも、r=収益÷資本です。つまり、資本を使って収益をあげればrが出ます。

 

「資本を使って(投入して)収益を上げること」を人は投資家と言います。

 

では何に投資をすれば良いのか?という具体的戦略については、既に答えが導き出されているのです。

 

その答えを発見し、根拠を並べ証明したのがバートン・マルキール氏の「ウォール街のランダム・ウォーカー」です(当ブログでは最初の記事で多く引用を行っていますので、参考にしてみて下さい)。

その答えとはインデックスファンドを買ってじっと待つということです。

 

例えば「ウォール街のランダムウォーカー」ではS&P500に投資した場合を年代別に分けて書かれています。

その中で、1947年から2000年までの平均リターンは年12.6%ですので、これに投資した場合の成果は先のグラフに重ねるとこのようになります。

 

f:id:kishi-yuu7:20170911000948p:plain

 

このグラフは、給与所得に対してS&P500がどれだけアウトパフォームしたかを示しています。

このグラフはつまり、S&P500に投資さえすれば、億万長者になることは誰にでも可能であると示しているのです。

 

  

 

 

 アディオス。

 

9/8の相場分析

「下げ相場」の画像検索結果

wsj.comより)

 

いやぁ下げてきましたねドル円*(^o^)/*
私用で参加出来ずに17時ごろ確認してオンギャー(・_・;笑

まぁ損で無かったので良しとしましょう。。

前回の記事はコチラ。

 

k-book-oneday.hatenablog.com

 

今回の取引で+3.37%(前日比)となったので、+22.63%(先月比)となりました。

調子がいい時こそ怖いですね、築き上げたものが壊れてしまいそうな。

「この感覚は正しいのか?」という問いに対して、自己解決することは慢心の始まりだと思いますので、勉強の中で答えを出していきたいと思います。

一先ずトレードの手法や考え方は変えず、切り替えてやっていきたいと思います(´・ω・`)

ただ言えることは、FXはギャンブルでなく資金管理さえすることが出来れば良いものになると感じますね( *´艸`) 

 

さて、本日は以下の題目になります。
・9/8の相場分析

それではよろしくお願いいたします。

 

・9/8の相場分析
(以下、ドル/円の4時間足)

https://invst.ly/52na0

少し大きく幅を取って見ました。2016年11月9日とは米国大統領選挙です。次の安値がこの辺にあるのか、と思うと今回の下げ相場も楽観してエントリーはできません。

円高の落としどころはどこになるのでしょうね。

 

同じ条件でもう少し狭い視野で見てみましょう。

https://invst.ly/52nae

まぁ来週はFOMCも利上げの際に注目するPCE(個人消費支出)が控えているので、それまでは今の水準をウロウロするのではないかと思えます。

https://twitter.com/sbilm/status/906164593290043394

現状では北朝鮮が何をしてくるか分からないということもあるので売りへの期待もするかもしれませんが、債務上限が一先ず、ということであるなら強くは入れません(´・ω・`)

戦略としては長期では入るべきではないように思えますし、中期では北朝鮮の備えとして弱売り、短期ではどちらでもいいように思えますね。


(以下、ユーロ/円の4時間足)

https://invst.ly/52neu

見て分かるように売り優勢なのですが、材料が無いので持つべきではないように思えます。

来週でも特に期待できるようなイベントもないですし、期待できるのが北朝鮮だけとなるとこのペアでなくともいいと思います。


(以下、ユーロ/ドルの4時間足)

https://invst.ly/52nhv

 やはり強いですね( *´艸`)

年内の高値を髭ですが超えた部分も見えたりして、ユーロは堅いという点が伺えます。

また、ドルに関しては先に書いたように売られる要素を抱えているので、この点も作用しているのかなと思います。

来週はこのペアを主に扱っていこうかなぁと思います(´・ω・`)

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

アディオス。

9/7の相場分析、ドラギに感謝。

「ドラギ総裁」の画像検索結果

(写真はreuters.comより)

 

今夜はECBとドラギ総裁の発言で大きく動いてくれました( `ー´)ノイエス

おかげさまで今夜は運用成果を+30.4%(前日証拠金比)で終えることができました!!

んんん、気持ちいですね!しかしここで大きく出るようなことはせず、切り替えて運用していきたいと思います。

今回教訓として押さえておきたいことは、「トレードは相場との戦いではなく、自分との戦いである」ですね(´・ω・`)

 

では早速為替相場を見ていきましょう。

 

(以下、ドル/円の4時間足)

https://invst.ly/51x93

直近の安値も超えて、4/17につけた安値も安値もつけてきました。少しトラキチさんやり過ぎではなかろうでしょうか*\(^o^)/*

 まぁ中短期で戻り売りすれば良いだけの相場になってますし、分かりやすいのですが(・_・;

今後も債務上限に関する発言に敏感にならざるを得ませんね。9/9も控えているので、何が起きるか分かりません。やはりこのペアはスイング売りを弱気で、中期で戻り売り、スキャル買い戦略でしょうかね。

 

(以下、ユーロ/円の4時間足)

https://invst.ly/51xi1

ECB期待で今日は上げていきましたね。

「下げてきたら買いたいな〜」なんて思ってたら徐々に上げていったので参加出来ませんでした(・_・;

9/9に備えてしばらく円高の流れでしょうか。

弱く売ってスイングしていきたいですね、まぁその戦略を取るならドル/円が吉でしょうが。

 

 

(以下、ユーロ/ドルの4時間足)

https://invst.ly/51xgb

今晩はお世話になりました。利食いの瞬間が難しかったですが、まぁ良かろうもんと割り切ります。

さて、直近でつけた高値までは上げませんでしたね。期待しすぎたことを市場が織り込んだのか、うーむ。

ただ積極的に売られるような理由は無いと見れるペアなので落ち着いたらスイングの買いを入れていきたいですね。

 

 

手を出すべきペアや戦略が徐々に分かりつつある環境になったのではないでしょうか。このような際は、驕ることなく真摯に相場と向き合い、自身と対話して向かっていきたいと思います。

 

 

それにしても日経平均先物に目立った動きは見られませんね笑

まぁMSQも絡んできて謎の動きが見られるような日でしたので、詳しく見る必要は無いかと。

難しい相場に向かう程、あなたが追い込まれているのであれば、それは「エントリーする前に退場するべきである」というサインだと思います。

 

 

アディオス。

 

 

9/6の相場分析、待つ相場。

 

さて、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

依然に比べ、読者の方からリアクションを受ける機会が増えており、大変励みになります。

 

少し余談になります。

今はインターネットが普及しており母数が増えているだけでなく、あっという間に広がっていきます。Youtuberの昨今の騒動がこれを証明しています。これを受けて「真摯で無ければ人は離れていく」ということを教訓にしたいと思いました。

(これについて少し話を膨らませようと思ったのですが、すごく長くなってしまったので割愛します(笑))

今後ともよろしくお願い致します。

 

では本題です。

前回の記事では「ドル/円は戻り売り狙い」「ユーロ/円は様子見」「ユーロ/ドルは戻り買い狙い」という見立てで書いたと思います。

前回の記事はコチラ。

 

k-book-oneday.hatenablog.com

 

今回は資産に対して1%利益で終えることが出来ました_( _´ω`)_ペショ

スキャルピングは強気ですぐに撤退して幅を狙うので、ストレスが集中しますね。

まぁ疑わしい相場の時にはいいのかもしれませんが、うーむ。

 

やはりスイングがいいです( `ー´)ノ

というわけで為替相場の展望を見ていきましょう。

 

・9/6の相場分析

早速見ていきましょう、まずはドル/円です。

(以下、ドル/円の4時間足)

https://invst.ly/51bic

今日はまさに特に目新しい材料が無かったので、反発していきましたね。

弱気で売りなので私はスキャルでやりましたが正解でした(´・ω・`)アブネ

まぁそろそろ9/9も迫ってますし、トランプさんも急に何言うか分からないですから含み益を持った売りポジションは徐々に利食いしつつも多少は残しておきたいですね。

戦略的にはやはりある程度挙げてくれば売っていきたいですね(´・ω・`)

 

 

さて次はユーロ/円です。

前回の記事で書いたように円高がどこまで続くのかはこのペアで分かるのではないかと感じています(/・ω・)/


(以下、ユーロ/円の4時間足)

https://invst.ly/51bn4

反発していきましたね。この辺りが一つ円高の限界なのでしょうか。

あるいはECBに向けての先行買いなのでしょうか。

いずれにせよ、「北朝鮮」と「ECB」次第でドル円かユーロドルのどちらに注力するか決めていきたいと思います。

 

 

さて上げまくってるユーロ/ドルです( `ー´)ノ

(以下、ユーロ/ドルの4時間足)

 

https://invst.ly/51bt1

本当に堅調に動きますねこのペア。(笑)

いいとこで買いたいななんて思ってもなかなか降りてきてくれません(´・ω・`)

ただECB前後は大きく動きそうですね。これ今日別記事に挙げますのでよろしければご覧ください。

 

 

 

注目材料が特にないと書くことも似てきてしまいますね(´・ω・`)

このような時はまさに「足るを知る」いい機会だと思いますので、有事になるまでゆったりと構えていたいと思います。

 

 

アディオス。

9/5の相場分析!

前回の記事で描いていた戦略は良かったですね^o^

 前回の記事はコチラ。

k-book-oneday.hatenablog.com

 

今回の損益も

ドル円+450円

ドル円-152円

通算+298円でした!

 

思ったのですが、今後は%で示していこうと思います。

割合でお金を取り扱うことに慣れる必要性を感じたので、常日頃心掛けていこうと思います。

 

ただもう少し利益伸ばせたと思います。

利確した瞬間ドル円バチーン下げたので。。

トレードのルールをもう少し見直す必要があると感じました。

 

当ブログでは投資における心構えを書いてきました。

しかし具体的手法については言及してきませんでしたので、私個人の手法の解釈(ファンダメンタル、テクニカル)も記事としてあげていこうと思います。

これによってその手法を真似るのではなく、手法の裏にある考え方や相場への理解を深め、自身の信念に合うと思ったものを選択して頂ければと思います。

その記事はまたいずれ。

 

 

前置きが長くなりました。

今回の題目に入りたいと思います。

 

・9/5の相場分析

ドル安、入りましたね。今の米国は叩けば色々売り要素の強い材料が多いですので、あらゆる所から出てくる感じがしてます。

(以下、ドル/円の4時間足)

https://invst.ly/50nwd

先日引いた抵抗ラインに差し掛かってきましたね。

ここでまたもみ合って新規売り材料で売られるのではないでしょうか。

個人的にはもう一つ下の抵抗線も試すような動きがあってもいいのではないかなと思いますが、基本的には戻り売り狙いでしょう。

まぁ北朝鮮リスクがもう一つ上の段階(レッドラインを超えるような)を見せないと円はこれ以上買われないのでしょうかね。強めの抵抗線があるので売りは慎重に持ちましょう。また、短期で見るなら買い時かもしれませんね。幅は狙えないでしょうし、何があるか分からないのでおすすめはしませんが。

 

(以下、ドル/円の30分足)

 

https://invst.ly/50n-3

まぁこれはいいでしょう、抵抗ラインを割ってから反発しても、次の抵抗ラインが近いので弱気で売るという戦略が出来たのかなと思います。

明日はこの底値を試すような動きが出てもおかしくは無いと思います。

 

(以下、ユーロ/円の4時間足)

https://invst.ly/50o0x

ガンガン円が買われています。ただ問題は北朝鮮リスクをどこまで市場が評価するかであり、「ユーロ円が円の高値を決めるのではないかな」と感じています。

まぁ7日にはECBが控えていますのでこの動向次第でしょう。明日、これについてまとめますね。ひとまず様子見のペアです。

 

(以下、ユーロ/ドルの4時間足)

https://invst.ly/50o3k

基本的に前回記事と見立ては大きく変わっていません。

ただ、7日に向けて期待の買いが入るかもしれませんので、ユーロが弱いなと思った価格で入っていくのもありだと思います。

 

 

 

それにしても、円高一方なのに日経平均先物の反応が限定的だったことが非常に気になります。

日経平均先物市場も日足で見ると抵抗ラインを形成しているため、「円高もこの辺だろ」という見立てが起きているのかもしれませんね。

 

最も重要なことは、分からないときは触れずに、飲みでも読書でも自分が幸せに感じることをやるサイクルであると知り、それに集中できる期間を楽しむことだと感じるこの頃です。

 

 

アディオス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/4の相場分析!

北朝鮮止まりませんねー(´・ω・`)

「ミサイル」の画像検索結果 

(画像はCNN.co.jpより)

 

今日は寄りから窓を空けて始まりました。

金曜日の雇用統計後にドル/円を売っていたので朝起きたら利確入ってました( `ー´)ノ

まぁユーロ/ポンドも謎売りしてたので利益は多くありませんが( ;∀;)

 

今回の成績は

ドル/円→+1368円

ユーロ/ポンド→-472円

損益+896円でした(/・ω・)/

 

思ったんですけど、取引公開していこうか迷い中です(´・ω・`)

うーん。少しここは考えておきますね、皆さんはどちらがいいでしょうかね(笑)

 

では本題に入りましょう。

本日の題目は以下になります。

 

・9/4の相場分析

 

 

それではよろしくお願い致します。

 

・9/4の相場分析

北朝鮮リスクが上昇したため、安全資産の円が買われる場面から寄りが始まりました。

しかしこれに対して円高も限定的な動きで、その後も大きくドルが売られるという場面は見られませんでしたね。

まぁ現在私は試し売りということでポジション持ってますが、あくまで試し売りです。

 

ではそのドル/円から見ていきます。

(以下、ドル円の4時間足)

https://invst.ly/503j1

この通り、上値は強い抵抗線が抑えているものの、向かう先もまた堅そうな価格形成がされているんですよね。ポジションを少しずつ減らして決済するのが吉でしょうが、余裕がある方はまだ持っていてもいいかもしれません。

まぁ反発してきたところを叩き落す( `ー´)ノという「戻り売り狙い」が一番だと思えます。

 

(以下、ドル/円の30分足)

https://invst.ly/503sh

朝の寄りを一回破りましたが、のちに反発して上昇していきました。

少し上昇しようとしている感じが見て取れるのでこれは決済時ですかね(/・ω・)/

ただトランプさんの発言で一気に抜ける抵抗線だと思いますので少し残しつつ、利食いの形で処理していきたいと思います。

 

次はユーロ/ドルです。

(以下、ユーロ/ドルの4時間足)

 

https://invst.ly/503uj

「これなんて暗号通貨?」って感じで挙げていますねこのペア(笑)

それほどユーロ高が続いてるってことですね・・・

ただし今週のECBでこのトレンドが崩壊するシナリオも充分ありえますので、押し目で試し買いくらいがちょうどいいのでしょうね。

 

(以下、ユーロ/ドル30分足)

https://invst.ly/50412

しかしまぁ今が良いかと言われたら少し躊躇しますね。

この高値で反発すること(米国に何も無ければ)もあり得ますので、エントリーはこの抵抗線にどう市場が反応するか見てからでもいいでしょう。

抜ければ買いを、反発すればスケベ売りといった戦略になるでしょうかね。

 

さて次はユーロ/円です。

(以下、ユーロ/円4時間足)

https://invst.ly/5043p

ここ最近の上昇ラインを今日抜けてきました。

だからと言って大きく下げることもなかった今日の相場を見ると、底は堅いように思えます。先にも書きましたが、今週のECB次第でしょうね。

ただ、上値が限定されている分、上値を狙うのは少し難しくなっているかもしれません。個人的にはECBまでに期待の買いが先行して今日の窓を埋めた状態でECBを迎えると見ています。

 

総括すると「ドル安」が目立ち、「ユーロ<円」という構図から、ドル/円ショートで行くのかなと。

 

ただまぁ強く張れないのでちまちま行こうと思います(´・ω・`)

 

 

 

 

 

アディオス。