8/17の相場分析!水面下に潜むリスク…

さてさて、前回の記事で述べたような展開にある程度なったかなと思います(´・ω・`) ユーロドルは少し見立てが甘かったですが、底値は固いようです( ;∀;)ゴメンナサイ 前回の記事はコチラ。 k-book-oneday.hatenablog.com 8/17も相場が荒れましたねー。 市場分かり…

8/16の相場分析!北朝鮮相場、終了…(´・ω・`)?

前回の記事で述べたように、ドル円と日経は陽線を付けましたね( *´艸`)ウマー k-book-oneday.hatenablog.com ただし激しい上昇ではなく、もみ合った結果の上昇という印象を受けました。 これは後で詳しく書きますが、材料が出尽くしたということなのでしょうか…

8/15の相場分析!北朝鮮相場にちょうせ・・・い!(´・ω・`)ん?

さて、読者の皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回の記事は、今までの記事と文脈を変えて綴っていきたいと思います。 と言いますのも、前回までの記事は書籍から引用するものが多かったので、あのような文脈で統一していました。 今後、今回の記事のように私…

行きつく先

さて、我慢強く当ブログを購読してくださっている方は「結局、何やればいいんだよ」と思われたかもしれない。今回はその点について共に考えることが出来たらと思う。 前置きはおいておいて、早速学んでいこう。 今回の概要は以下になる。 ・優位性を追い求め…

因果関係は無い

さて、今回は砂上の楼閣論について触れていきたい。特にテクニカル分析とは有用なのか否か、という点である。 個人的には「自分で検証する」ことを推奨する。愛書である『ウォール街のランダム・ウォーカー 株式市場の不滅の真理』(以下、愛書)では、「有用…

筆休め

当ブログの記事で掲載される今までのすべての記事は、主に「投資とはいかに向き合うか」を焦点に当ててきた。 皆さまは「投資」の意味を認識しておられるだろうか。 敬愛する著書、「ウォール街のランダムウォーカー」によれば、投資家の定義は ・配当や金利…

霊感を研ぎ澄ます

前回の記事では、ファンダメンタル分析を主張する者たちの信念を批判的に見てきた。 今回の記事は「如何にしてファンダメンタル分析を行うか」を述べる。 なので、未読の方は、ぜひ前回の記事をご覧になった上で当記事を閲覧して頂きたい。 今回の記事はその…

聖なる霊感者

さて、今回は取引の信念を大きな枠組みで分類していきたいと思う。 アナタが最も共感でき、最も懐を守ってくれると思える信念に従うことを推奨する。 そのため、前回の記事でぜひ「懐を守る」という意味を見つめなおしてほしい。 今回の記事は「ファンダメン…

己を知る

今回の記事は、 ・収益最大化の条件について ・損益許容度について ・”今すぐに”するべきこと という3本立てで展開していきたい。 長くなるので全体を通じて伝えたい事を要約すると以下になる。 「プライド、感情は二の次。己(懐)を守るための研究・計画を…

投資家を俯瞰する

今回のこの記事以降では、「株式市場について考察する投資家」について言及したい。 というのも、長年市場を形成してきたのは投資家であるため、投資家について知ることを通じて市場に表示される変動に物語を作ることが出来る。 そして何より、読者のあなた…